飯盒炊爨って意外と簡単!飯盒での炊き方をご案内します。

飯盒炊爨

飯盒ご飯を炊くことを、飯盒炊飯ではなく飯盒炊爨(すいさん)と言います。普段、電気炊飯器を利用していると、飯盒炊くのは難しいです。そこで飯盒での炊き方をご案内いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

飯盒炊爨(炊き方)

美味しいご飯の炊き方は、火種に合わせた道具と火力のコントロールです。

もともと飯盒は焚火で炊くことを前提としており、形状も妙な形になっています。飯盒の形のなぜ?

焚火で炊くテクニック

キャンプならではの醍醐味はやはり焚火での炊事ではないでしょうか?直火OKのキャンプ場では、ぜひトライしてみてください。

もともと飯盒は焚火で炊くことを前提としており、形状も妙な形になっています。飯盒の形のなぜ?

キャンプ用コンロで炊くテクニック

ここではキャンプ用コンロと表現していますが、バーナーとも言います。

火力が安定しているので、焚火で炊くより簡単に炊けます。ただバーナーに飯盒を使うのは理にかなっていません。本来なら釜や鍋を使います。飯盒の形のなぜ?

それでもキャンプでは飯盒を使いたいので、私は理にかなわない炊き方をしています。美味く炊けますので、雰囲気を優先しています。キャンプ用コンロで炊くテクニック

残念ながら家庭用のガスカートリッジ式コンロは向きません。屋内で使うために作られているので風に弱くすぐ火が消えてしまいます。アウトドアで使うバーナーは、浜辺でも火が消えることはありません。火力も強いです。ちょっと珈琲を飲みたくなった、ラーメンが食べたくなったときなどにも便利で、雨で焚火調理をしたくない時などに重宝します。私はキャンプ以外にもお花見、海水浴にも持って行きます。

家庭用コンロで炊く(家で練習)

私は普段から家で飯盒炊爨をしています。道具は台所のガス台。炊くコツを忘れないように練習しています。炊飯器で炊くより美味しいご飯が食べられるので家族も大喜びです。家庭用コンロで炊く(家で練習)

飯盒炊爨ビギナーの方は家で何度も練習してコツを覚えましょう。アウトドアで失敗しないように、火力が安定していて、集中できる家庭で美味しく炊けるようになるまで頑張りましょう。

ページの先頭に戻る
Copyright (c) 飯盒炊爨って意外と簡単!飯盒での炊き方をご案内 All Rights Reserved.